漆器・堆朱の販売 富樫漆器店 > 漆器の取扱いについて

漆器の取扱いについて

漆器の取扱いについて

漆器の取扱いについて漆器は扱いの難しいものと思われがちですが、次の点に注意していただければ、末永く美しいままに使っていただけます。
我が家でも朝・昼・晩と食事はすべて堆朱でいただいています。

使ってこその器、使うほどにその器の命が生きてきます。
少しだけ気を使って長くそのやわらかな口あたりや手触りをお楽しみください。


 

村上堆朱の上手な使い方

●他の漆器と同様に、直射日光が当る場所や暖房器具の近くに置くことは避けます。

●彫刻面埃が入った場合には、柔らかい毛のブラシのようなもので彫刻面を擦って埃を取り除き、柔らかい乾いた木綿で拭ってください。ブラシで擦っても決して剥げず、むしろ光沢を増します。

●茶托、銘々皿、菓子類、会席膳などの使用後は、水またはぬるま湯で汚れを落とし、乾いた木綿で水気をすっかり拭き取ります。

●花瓶の中の銅器は、長く水をいれておきますと水が腐り、水漏れの原因となりますので、週に1回程度お取替えください。

村上堆朱は、いつまでもご使用に堪え、朱色、光沢がいろいろ光彩を添えてまいります。

送料無料

お買い物ガイド

お買い物ガイド